ネットビジネスをは特商法を理解して探す

ネットビジネスを今から始めようと考えている人も多いのではないでしょうか。

しかし、ネット詐欺などがニュースなどで取り上げられるたびにネットビジネスに取り組むことができなくなってしまっている人も多いはずです。
そのような人は特商法を理解し、特商法に違反しているビジネスを避けるようにすると安心して取り組むことができます。

まず、一番注目してもらいたいのは過剰広告を行っていないかということです。特商法の一つとして、連鎖販売取引があります。
これはマルチな商法を禁止することにあたるのですが、ネットビジネスにおける特商法は連鎖販売取引法にあたりますので、連鎖販売取引のことを理解すると違法なビジネスの話を避けることができ、ビジネスにおいて「月に50万円稼げる」ということを掲げている広告は特商法の規約に違反する為、避けることが大切になります。

また、特定利益や特定負担がある場合にも違法性があります。
例えば、この仕事を友達に紹介したらボーナスをあげますといったことを掲げているのは違法行為にあたりますし、仕事をするためには入会金を支払う必要性があると告げられたり、商品や研修費として費用を請求した時点で違法行為にあたります。

そのような違法行為を行っているビジネスが、きちんと報酬を支払ってくれる可能性があるとはいえません。ネットビジネスはどれも危ないと思っている方は実はこの特商法を理解していない可能性があります。

しかし、きちんと理解しているとビジネスを選択するときに安心して探すことができますし、危険な仕事を避けることができます。
さまざまな特商法があるなかで、ネットビジネスにおいては連鎖販売取引の仕組みをしっかりと理解しておくことが大切になります。このビジネスの話はなにかおかしいなと感じたら、この特商法に違反していないかを確認してみると安心です。

また、登録などを行ったあとに入会金の支払いなどを請求されてしまったり、おかしいと思った瞬間に解約を申し出ても対応してもらえないというのも特商法に触れることになります。

そのため、お金を支払わないと訴えると脅されたり、解約する為には違約金を支払うように言われたとしても、特商法違反にあたりますので、そのことを相手に告げたり、消費者相談センターなどに相談をすることが大切です。

特商法に違反するネットビジネスにはかかわらないようにすることで、安心して取り組むことができます。