副業の税金に関する知識をつける必要性

確定申告が必要な条件を確かめよう

副業をするときは収入が雑所得として扱われ課税対象になり、確定申告をして税務署に報告する必要があります。
確定申告をする条件は別に収入があれば年間に20万円以上になり、したくなければ1ヶ月あたり1万7千円を目安に考えてすることが望ましいです。

一方、副業でしか収入がなければ年間で38万円以上になり、1ヶ月あたり3万2千円が目安になります。
しかし、別に経費がかかれば収入の額から控除できますが、手続きをしないと経費がないものだと扱われるため行うことが必要です。

確定申告は毎年2月中旬頃から3月中旬頃になり、この時期になると年度末のため忙しくなりあわてないよう準備するとスムーズにできます。

申告をするときは税務署に書類を提出する流れになりますが、代わりにネットですればわざわざ行く必要がなくて便利です。

確定申告には2つの方法がある

確定申告をするときは白色申告と青色申告の2つの方法があり、収入の状況に応じて決めると支払うべき税額を減らせます。
青色申告は近年では注目され節税に効果がありますが、帳簿をつけたり記入する項目が多く手間がかかることが難点です。

しかし、損失があれば繰り越せるため株式投資やFXなどでの損失を最大で3年間引き継げ、翌年の所得に合算できます。
このため、副業の中でも損失を被るものをしていれば青色申告の流れを確かめ、期限が近づいて焦らずに手続きをするよう段取りを決めると便利です。

確定申告は税金に関する知識や扱い方を知るチャンスになり、今後の生活に活かせるようにすると余分な出費を減らせます。

脱税をしないよう責任を持って考えよう

確定申告は手続きが面倒くさいためそのまま放置したくなるものですが、副業をするなら仕組みを理解する必要があります。
脱税は税務署に報酬を支払ったことを証明する必要があり、支払調書として毎年提出されていて発覚しやすいです。
課税対象所得は報酬から経費を差し引いた金額になりますが、年間で20万円以下になればしなくても済みます。

しかし、経費があることを証明できないため申告し、勤務先の企業で給料から天引きされない場合は納付書で納めることが必要です。
脱税は違反行為になり追徴課税を支払う必要があり、負担する金額が増えたり悪質な場合は処罰されることもあります。

このため、副業をするときは税金に関する知識をつけてきちんと確定申告を行い、今後の生活に支障をきたすことがないように責任を持って考えることが大事です。