仮想通貨のイーサリアム

仮想通貨と言えば、ビットコインが評判がよく、副業として投資ビジネスを始めたばかりの方々にとても注目される仮想通貨です。
しかし、2021年はビットコインよりも、イーサリアムの方がパフォーマンスが良いのです。ビットコインが大きく下落する相場でも、それにつられる事なく下落しなかったところは、本当に力強さがあると言えます。

ビットコインの下落の要因の一つは、先物市場の売りが急激に増えたことですが、その市場でさえイーサリアムを扱うブローカーによっては買いの方が多かったのです。このような状況は底堅い動きと言われ、買いやすい投資対象とされています。さらに、市場参加者や取り扱い量がビットコインよりも多いですので、急激な大きな売りを吸収しやすい体制であります。
これは、株式相場の大型株と小型株に例えると理解しやすいです。小型株が乱高下しやすいのは、株数の少なさによるものです。大きなバケツに入った水に、コップ1杯の水を足すのと、小さなバケツに入った水に、コップ1杯の水を足す時の影響の大きさが違うのと同様です。

ビットコインとイーサリアムの大きな違いの一つは、実需があるかどうかです。ビットコインは利便性が高いために、決済通貨として使われだしていますが、その利用割合の増加はわずかです。順調な増加傾向を歩むには、まだまだ様々な問題が解消されていません。
ビットコインはチャートのテクニカル的には、非常に買いやすい仮想通貨です。大企業が決済通貨としてビットコインを買いましたと表明する事が続いていますが、それがそれほど利用割合の増加につながっておらず、さらに、ファンダメンタルに強い材料が無いのが買おうとする時の不安材料になってしまいます。

イーサリアムは、ビットコインと違い、サービスを利用するために手数料や資金を送る時にイーサリアムを買う流れにしているので、需要がしっかりとした増加傾向にあります。これらは、個人も仮想通貨で運用する時代が近い事を想像させます。
流動性の高い主要なクリプトで本当に将来的な決済手段として可能性が一番高いです。

このようなしっかりとした強いファンダメンタルに今後も支えられ、仮想通貨相場に急激な大量の売りが入っても、イーサリアムの価格は底堅い動きを続けると予想されます。今は、全ポートフォリオの1%くらいで遊び半分くらいで買っている人が多いですが、今後はしっかりとした投資対象になるでしょう。