副業にするなら、仮想通貨とYouTuberはどちらがおすすめなのかを徹底解説

「YouTuber」って最近良く聞きますよね。
トップクラスの人だと年収10億をも超えてしまうのだとか。
今回は、そんな「YouTuber」と「仮想通貨」を比較してみたいと思います。
主に、「副業としてやる方向け」に解説していきますね。

まず、YouTuberの特徴を書いていきます。
・膨大な時間がかかる
・参入障壁が高め
・不労所得になる

まず、YouTuberは副業としてやるためには「かなりハード」です。
何故かと言うと、動画の撮影と編集がとにかく大変で、これを本業が終わった後にやるのは至難の業です。
また、「参入障壁が高め」なのも挙げられます。
まず、動画編集のためにある程度高いスペックのパソコンが必要です。
そして、これが嫌な人は結構いると思うのですが、「顔出しがほぼ必須」という所です。
中には顔出しをせずに成功する人おいるのですが、少し厳しいところがあると思います。

少しデメリットばかり書いてしまいましたが、そんなYouTuberにもメリットがあります。
それは、「不労所得的な側面がある」という所です。
動画投稿をすればするほど、収入は伸び続けていきます。
そして、本当に「月収数百万」とかになったりするのです。

一方で、仮想通貨はどんな特徴があるのでしょうか?
仮想通貨は、まずほとんど時間がかかりません。
そして、比較的少資本でも可能なので「参入障壁が低め」です。
皆さんも、本人確認が済んでしまえば、明日からでもすぐに仮想通貨の市場に入ることができます。
そして、仮想通貨はとてつもない利益を生み出す可能性があるのです。
100倍、1000倍という利益を出す可能性が普通にあります。
一方で、損するリスクももちろんあります。

では、「副業としてやる」という意味においては、どちらがおすすめなのでしょうか?
正直、これは圧倒的に「仮想通貨」です。
まず、YouTubeを副業としてやるのはかなりハードです。
相当な精神力がないと厳しいと思います。

仮想通貨は、損する可能性こそありますが、そこまで多くの時間を割く必要はありません。
というか、投資して後は放置という方法も取れるので、副業としてはしやすいのではないかなと思います。

ただ、YouTubeを副業としてやって成功している方もいるので、決して不可能ではないというのは、まず間違いがないと思います。
そして、仮想通貨と違って、損するリスクはありません。

今回は、仮想通貨とYouTuberのどちらがおすすめなのかを解説しました。
仮想通貨のほうがおすすめではありますが、最終的には皆さんが決めてくださいね。
参考になれば幸いです。